2017年07月22日

10年ァっという間……

建築設計活動から43年、設計事務所を開設して36年目、この場所に事務所を新築して11年目、ギャラリーを開設して6月22日で満10年になった…すごい事だ…借金もすごい事だ(笑)6月22日ギャラリー創の10周年の企画展「RED+」と10周年パーティーを開催し150名以上の人たちがお祝いに駆けつけてくれて大変嬉しかった小生です。そして何事も続ける事の「力」を感じた。
これからがギャラリー創の腕の(笑)見せどころ!今後とも建築家の仲間たち、そしてギャラリー創に力を与えてくれる作家の皆さん宜しくです。


ギャラリー創の活動10年アーカイブスを冊子…とってもいいぞ96P
DSC01023_R.JPG


写真のセレクトに2か月も…本作りって大変
DSC01024_R.JPG


企画展 RED+ ギャラリー創のレッドにちなんで赤を入れた作品が展示
IMG_0044_R.jpg


さて10周年パーティー開催150名以上が駆け付けてくれ、入りきれず歩道まで
IMG_9924_R.JPG
IMG_9693_R.JPG


ギャラリー創の活動は北海道新聞でも掲載して頂き、今後の責任重大(笑)でも小生いつ
65歳になっていたんだろね…肉体年齢40、精神年齢25で合わせた歳です。バリバリ(笑)
DSC01014_R.JPG


2017年04月12日

ついに…

ついに達成・・いや誰しもが達成した、達成するのだ。しかも年金が貰えるなんて。
さて私はお幾つになったのでしょうか(笑)スタッフが毎年趣向を凝らしてお祝いしてくれてるのだが今年はなんと手作りで私のアトリエモデルをサービス残業で制作してプレゼントしてくれたのだ。嬉しかったので暫くは説教は止めて置く事にした。チョイ悪じじいとダンディをミックスして楽しく生きていく…切れ味持ってね。

FullSizeRender_R.jpg  IMG_8556%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC_R.jpg


2017年01月24日

川上ワールドが来た

小生の部屋に川上(りえ)ワールドの作品がUP。この作品川上先生のアトリエの庭に無造作に
転がって(りえちゃん曰く・・・置いてある)いたさびだらけのガラクタ(りえちゃん曰く・・・作品)を見た
瞬間〝なんだこれは″
と持ち上げようとしたら鉄は重かった(当たり前)。敵もきっと「こいつもしかしてオイラ(一応男とした・・笑)
を持っていこうとしてるな・・・」と言ってなかなか腰を上げてくれない。りえちゃんこれもらうよ・・・
でも厚い(75㎜)から半分に切って(スライスして45㎜)よとお願いして小生に届いたのが一年
がかり(笑)


すっかり居場所を確保した宇宙建築
IMG_9160_R_R.jpg

力があるね
IMG_9159_R_R.JPG

2016年の餅つき有志納会

新年を迎え・・・といってももう一月の月末ですね。デスクトップに突然昨年の餅つき納会
のスナップが出てきたので皆さんに・・・参加者は約30名。毎年有志で納会かねて演技・・・
いや縁起餅を食べて来る年の幸せを願って餅つきを・・・

以外と上手な豊島さん・・・いや返し手の伊達君は見事だね・・・職業選択ミス
DSC00854_R.JPG

川村先生はどうも憎き相手を・・・笑
DSC00859_R.JPG

つきたてのお餅と毎年克さんに差し入れ鮭のトバ(姿つくり)でいっぱい  最高!
今年も皆さん参加して幸せになりましょう
DSC00827_R.JPG


2017年01月05日

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。昨年中は健康に留意し(芝刈りと砂均しの奉公で)何事もなく一年を過ごす事が出来、ひとえに皆々様に感謝です。・・・何をだ(笑)  さて今年はどんな生き様にしようかな・・・と考えてるうちに今日は早くも5日、こんな調子でいくのかなぁ~いやいや今年のビジョンを持たなくてはいかん。今年のキーワードは「切れ味」・・・曖昧な熟年男の切れ味・・・よしこれで行こう(笑)

IMG_9151_R.jpg

2016年12月26日

札幌は大雪・・・50年ぶり

50年ぶりの大雪・・・小生生まれて居なかった・・・わけないね(笑)ホントすごかった
たまたま連休(12月23日・24日)なので良かった。一歩も家から出ず・・・いや出れず(笑)
北ノ沢の山に住んでるとコモる事には慣れてるのだ。


小生の癒しのバードテーブルの屋根がズンズン積るのが目に見える
DSC00787_R.JPG

スズメさんの雪の中で様子見・・・癒されるでしょう
DSC00776_R.JPG DSC00766_R.JPG

こんな斎場も・・・

12月8日和歌山県田辺市に在る斎場を訪ねた。建築家出江 寛が設計したローコスト建築・・なんと坪38万円との事。訪ねてみるとなるほど~なるほど・・・外部内部仕上げ材は全てトタン・・・先生は宮崎君安い波板トタンでも光をあててみなさい・・・影ができる・・・つまり陰と陽が人生を表し厳粛な斎場にピッタリなんだ・・・と。そうか人生を表すのか・・・うまい(笑)
DSC00731%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC_R.jpg


DSC00732_R.JPG


祭壇までトタン仕上げ
DSC00748_R.JPG


この斎場の敷地は元小学校があって払い下げの敷地。学校の屋根に葺いてあった瓦を小端に敷き川をデザインしている。これは紅葉のもみじが落ち、絨毯にように重なった葉がなぜに美しいか・・瓦も屋根の役割を終えてもこのように生き返るのだと出江先生がデザイン・・・感動
DSC00755_R.JPG

2016年11月08日

やっぱりいいね!

先日(11月4日)出張の機会に小生が主宰しているギャラリー創がコーディネイトした千歳日本航空サクララウンジに展示した壁面アートを確認しにラウンジを訪れた。作家国松希根太が作製したH800×W6000のホライゾン(水平線)という力作である。設置したのは6月22日何事もなく(当たり前-笑-)コーディネイトはこうでぃないと・・・皆さんもぜひサクララウンジで観て下さいな
IMG_0698%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC_R.jpg

友人来る・ガウディを語る

久しぶりにスペインの建築家田中裕也と再会・・・今回は札幌ではなく名古屋の常滑という焼物の町で会う事となった。常滑といえば伊奈製陶がその昔(1921年)土管(此れ無くして近代化なし)を大きな窯で製作(日本の土管の90%以上)していたところである。現在のご存知INAX・・・いやリクシルか・・・INAXで良かったね・・・リクシルは総合物売りみたい(事実)で安っぽい・・・売れるものは何でも売れ!でいやだね(笑)ッとそんな訳かここは唯一INAXの名を使ったミュージアムとして残してくれてるから嬉しい。ガウディ設計のスペインバルセロナのグエル公園にも食器やタイルの廃材でベンチなどを装飾している。きっとそんな関係で今回ガウディの世界NO1研究者で博士の田中が招待されたのだろう。


INAX・・・いいね
IMG_0707_R.JPG


土管製作の窯 一番大きな土管は3尺(内径90センチ)
IMG_0705_R.JPG


なぜオイラはガウディ建築の実測にはまったか・・・きっかけは暇だったらしい(食えなかった・・笑)
IMG_0710_R.JPG


何とミュージアムに今年春まで札幌に勤務していた妻女・・いや才女内沢女史がいた。人生80年間
として小生が「ゴルフの合間に設計する」と言ったら田中裕也は「研究の合間にまちづくり計画をする」と
・・・やはり凡人と博士の違いか(笑)違いが楽しい
IMG_0713_R.JPG


何と日本で初めて建築(建材として)陶器を造るきっかけがあのフランク・ロイド・ライト設計の帝国
ホテルの外装に使われたテラコッタである。ホテル解体した時の本物がここに・・・さては(笑)・・・感動
IMG_0711_R.JPG


翌日最高の天気(千歳からこっちは大雪との情報が入る)・・・名古屋か羽田に引き返す条件付き
フライトらしい。ならばこの際レンタカーあるしこの天気だ・・・ちょっとドライブだと知多半島岬まで・・・
どうだこの天気・・・
DSC_0019_R.jpg


おッ何だ何だ・・
DSC_0021_R.jpg


名物シラス丼・・たっぷりたっぷり・・・旨い
DSC_0020_R.jpg


2016年10月31日

再度のライト訪問 

10月29日何度来ても惹きつけられるね。1918年F・Lライト設計の旧山邑別邸・・現ヨドコウ迎賓館・・・来年から2年間かけて保全・修復工事にはいるので見られないらしい。この間の建築家や学生はかわいそう。大谷石の細工は帝国ホテルに勝るとも劣らないね。

阪急電鉄芦屋川のホームからおすすめパチリポイント
DSC00725%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC_R.jpg

エントランスのアプローチ 小生の大好きなプラントボックス(花台)が待ってる。アメリカでは真赤な
ゼラニウムが植って迎えてくれるのだが
DSC00701_R.JPG

2階ゲストルーム    大谷石が安定感と安心感の力を与えている
DSC00710_R.JPG

4階(実際には2階)のバルコニーで我が家気分
DSC00720_R.JPG


遠藤支部長と鷲見総務委員長  年を取ると忘れないように全ては首から下げさせられる(笑)
DSC00719_R.JPG